「邪馬台国」は「やまとの国」と読んでも
いいかもしれない理由

「邪馬台国」には今でも「やまたいこく」「やまとこく」「やまいこく」の3つの読み方。

邪馬台国2邪馬台国と書いて「やまたいこく」と読むようになったのは、新井白石の論が始まりらしいが、ウィキペディアにも「邪馬台国(やまたいこく / やまとのくに/やまいこく)」と3つの読み方を併記しているとおり、現在も決着がついた訳ではない。
「魏志倭人伝」には「邪馬壹國」と書かれているが、この「壹」の字は「壱(一)」であるから「やまい」が正しいという説、いやいや「壹」は「臺(台)」の書き間違えだから「やまたい」であるという説がある。
白石以前は「邪馬台」と書いて「やまと」と読んでいたが、白石が中国人に聞いたところ「台」は「と」とは読めないと言われ、新しい論を立てた。
いやいや普通に「やまと」でいいじゃん、それが自然じゃん、と昔から思っていたのだが、そんなことを口にすると「ものを知らないやつ」とバカにされるので、中々おおっぴらには言えない。「病(やまい)って国名としてやばくないか?」「書き間違い? 国名など大事な文字にするか?」などとは口が裂けても言えない。

「壹」という字の中には「豆」がある。そこに注目してみよう。

以下はYouTubeで小名木善行さんが言っていたことの受け売りだが、なるほどと思ったので、調べて記す。

「豆」は「とう」「ず」と読む。ATOKで「豆」の入った漢字を調べてみると、「燈、闘、頭、痘、逗、鄧、嶝、橙、豊」の字はみんな「とう」と読む、その他には「澄(ちょう)、證(しょう)、厨(ちゅう)、鼓(こ)」がある。

燈 闘 頭 痘 逗 鄧 嶝 橙 豊 證 厨 鼓

となると、「壹」だけ「い」と読むのは変であり、もともと「とう」と読んでいたのを中国側の長年の何かの都合で「い」と読むようになったと考える方が、確率的には正しいのではないだろうか。

大和言葉は現在まで脈々とつながっている。今の感覚で不自然に思える論は、間違っている可能性が高いと思うのだ。
ちなみに日本語の「いち、に、さん、し」は中国語の「いー、あーる、さん、すー」が元だが、なぜ、「あーる」が「に」になったのかも不思議だ。